エレクトレットとは?
半永久的な電荷を持つ誘電体(絶縁体)のことで、イギリスの物理学者Heavisideが永久磁石に倣いエレクトレットと名付けた。1920年代に当時日本海軍大学校の教官だった江口元太郎博士が、世界で初めて熱荷電法によりエレクトレットの作製に成功した。


エレクトレット電極に、電極を対向させると、誘導電荷が発生します。電極が振動でスライドすると、誘導電荷が移動し、交流が流れます。